美味しい出来事(オムニバス)

投稿者: | 2017-09-29

*幼稚園の父兄編

運動会でのこと、
最近の幼稚園の(昔から?)運動会はショーアップされている。
お遊戯をするにも園児も先生もお揃いのカラフルな衣装を着たりするのだが、
その都度ママが着替えさせに行かなければならないので落ち着いてみてる事も出来ない。
パパは相変わらずビデオを担いで走り回っているし、
いったい何のための運動会か?と感じている。

さて、うちの幼稚園は園庭が広くないので
運動会は近くの中学校(私の母校)を借りるのだが、
借りてる手前色々と制限があってトイレや弁当食べる場所も限られている。
校舎内も立ち入り禁止。

処が朝、場所取りの為慌てていたのか
ビデオのバッテリーを充電していない方を持ってきてしまい、
開会式がおわって年長のかけっこが終わった頃には残量が怪しく成ってきた。
念のため充電器はもっていたがコンセントは無い。
どうしようかと思って一瞬躊躇したが、
年長のメインイベント、クラス対抗リレーとマーチングバンドが撮れなかったら
嫁さんに何を言われるかわからないので、
プログラムに1時間ほど間があいたとき校舎内に入ってコンセントを拝借する事にした。
卒業生だったから勝手知ったる何とかで、運動場から一番離れた教室に入って充電していた。

すると、そこから見える中庭に年中組みの先生たちが駆け込んできた。
見つかるとまずいのでカーテンに身を隠して様子を見てみると
先生たちは次のダンス演技のために着替えをしに来たらしく
いきなりジャージを脱いで下着姿になった。

まさか先生たちがこんなところで着替えをしていたとは知らなかったので面食らったが
当然私は眼を皿のようにして凝視した。
一番グラマーなG先生はピンクの上下最初ブラの肩紐がないと思ったら透明の奴だった。
遠目でも胸がゆさゆさ揺れるのがはっきりと判る。
色黒で長身のW先生は黒のパンツにブルーのブラ、やはり肩紐は透明?案外お尻が大きい。
ぽっちゃり型のN先生は白にブルーの刺繍のパンツ、ベージュのブラ、やはりなぜか透明肩紐。
体型の割りに胸はペッタンコ。
そして小柄で幼児体型のK先生オレンジのストライプのパンツに白のブラ。

私は、またここに書き込めるネタが出来たと喜んでみていたが、
先生たちがK先生に何か急き立てるような感じで喋りかけると
いきなりK先生はブラ(普通のタイプ)を取り去った。
着やせするタイプなのか、思ったより形のいいバストが確認できた。

そして急いでみんな衣装を着込むと来たときと同じようにバタバタと走っていった。
私は何故ブラをとったのかそのときは解らなかったが、
よく考えると衣装はタンクトップというのか、ショルダーレスというのか
とにかく肩を露出するタイプだったので
K先生が間違って?普通のブラをつけてきたので仕方なく外したのではないかと想像した。

残念ながら、終わったあとの着替えは息子のプログラム関係でみることは出来なかったが、
K先生の白い肌にサーモンピンクのかわいい乳首は目に焼きついて離れないし
嫁が取った写真に偶然写っていた演技中のK先生の衣装の下がノーブラだと想像するだけで・・

年中さんの先生方(特にK先生)すみません。バッテリー間違えた自分自身にGJ!

*プレスライダー編

ずいぶん前の話だが、学生時代オートバイ便のバイトをしばらくしていた時期があった。
某テレビ局の取材テープを夕方のニュースに間に合わす為に現場で待機するのだが、
その日は大きなマリンショー(ボートやジェットスキー、スキューバ、アウトドア関係etc・・・)で
要するに見本市みたいなものだが、
私は”控え室”でカメラマンからテープを手渡しと連絡を受け
テレビ局の腕章とpressのIDタグをもらって会場へ入っていった。

会場は広すぎて場所を探すのが大変だが、
入っていくとすぐにディレクターが歩いているのに出くわした、
但し、テープの受け渡しはここではないので、
「控え室は何処ですか?」と聞くと
「あぁ、あっち」とめんどくさそうに指差すのでその方向に歩いていくと
会場の一角に部屋ではなく間仕切りで作った囲いがしてあって
”待機”とへたくそな字で張り紙がしてあった。

そこで間違いに気が付けばよかったのだが、
指差した方向があっていたので何の疑問も感じずに中に入っていった。
直接なかが見えないように壁が互い違いになって短い廊下の奥のカーテンを入ると・・・

ソコには数人の全裸(に近い)若い女性と、
その女性それぞれに囲むように二三人の付いていた(男性も数名)

私は一瞬状況が飲み込めずにその場で立ち尽くしてしまったが、
そうしているうちに女の子が駆け込んできたかと思うと
着ていた水着を脱ぎ捨て、あわただしく新しいのを身に付けている。

どうらや水着のファッションショーの楽屋に入ってしまったようだった。

女の子たちは入れ替わり立ち代りに楽屋に飛び込んでくると、
周りを気にする様子もなく、至極あっさりと裸になると新しいのを身につけ
スタイリスト?らしき人にチェックを受けてまた舞台に飛び出していく。
サポーターを穿いている人もいたが胸は丸見え、
サポーターを穿いてる人も水着の形が違うとそれも脱ぎ捨て
最後に股間を見てハミ毛をグイと直して出てゆく。
女の子もスタッフも私が入っていったことなど全然気にとめる様子も無く
次々に着替えていた。

呆然と立ち尽くしている間に10人くらいの裸をみた、(同じ人もいたかもしれないが)
みなスタイルが良いし脚が長い、胸の大きな人が少なかったのが今思えば残念だが・・・
しかもヘアーを整えているので面積が少なく、股間も個人差がわかる程度まで見えた。
僅か数分だが眼の幸福のときを過ごした。

が、冷静になってどうやって出て行くか迷った。

私がじりじりと後ずさりを始めると、
水着を着終えた女の子が一人私の方を見てぎくりとした。
私は『マズイ』と思って身をすくめたが、その子はつかつかと近寄ってきて小声で、
「何してるの?ここpressと違うよ、本部の横だよ・・」
最初わからなかったがその子は鈴鹿でレースクイーンをしていた知り合いの子だった。
(私は草レースや4時間耐久とかに出ていた、その時知り合いになった)
私はその言葉に救われて慌てて出て行った。
聞けばその時その子以外にも数人知り合いのRQがいたそうだが、
舞い上がっていた私はそんなことには一切気がつかなかった。

私の唯一のラッキーな想い出。

*某大手スーパー課長編

今日は今年最後の休みだった。年末商戦で明日から正月5日まで無休です。
いっぱい寝だめしとこうと思って昼前まで寝ていた。外は真っ白だった。
妻もパートでいなかったのでさすがに腹が減って何か喰おうと起きだしまずトイレへ。
廊下に娘(中2)の制服が脱ぎっぱなしだった。シャワーの音がしている。
そういえば終業式だったかな?と思いつつおもむろにトイレのドアを開けた。

そこに女の子が裸で座っていた。

娘?いやちがう。

驚いて立ち上がったその子の凄まじい悲鳴で私は腰を抜かしたように尻餅を付いた。
おかげでドアを閉める事が出来ずしばらくその瑞々しい肢体を眺める羽目になった。

娘が風呂場から飛んで出てきた。

私を見てすぐに手で上と下を隠して扉に隠れるようにしながら、
「パパ!なんでいてるの?」
「いやぁ・・あの・・休みやから」
「ドア閉めたってよ!」
私は慌ててトイレのドアを閉めた。女の子は呆然と立ち尽くしていた。

状況が飲み込めない私に娘が説明してくれた。

今日の雪で友達とはしゃいでいて雪合戦したり転んだりで泥んこになったので
学校から近い私の家で着替えをする為に立ち寄ったらしい。
シャワーを浴びている途中でもよおしたので鍵もかけずにトイレに走りこんだそうだ。

娘は私が今日休みだという事は知らなかったみたいだ。
普段から時間も休みも不規則なのがこんなところで功を奏すとわ思わなかった(失礼)

友達は時々家に遊びに来る一番の仲良しで
どちらかというとぽっちゃりのぷくぷくした感じだが、
中2と思えない発育で眩しいくらいだった。
娘のまだまだお子チャマ体型とは偉い違いだった。

私は思いがけずいい思いをしてしまったが
おかげで娘たちにお詫びの印として映画代をおごらされた。
この雪の中をいまお出かけ中だ、間もなく妻が帰ってくる。
なんだかテンション上がってしまったので娘が帰ってくる前に久々に挑んでみようかと考え中。

*海の家編

高校のとき、夏休みに海の家でバイトをしていたが(母の実家の近くの海水浴場)
ある日、バイトが終わって実家に居ると大学生のバイトの先輩が誘いに来た。
車に乗り込むと、もう一人バイト仲間がいたが
すぐにポータブルのラジオも聞けるテレビを見せられた。
画面は真っ暗だったが目を凝らしてみると
かすかに棚のようなものとシャワーの噴出し口が見えた

「なんですか?これ」
「シャワー見えてるか?、これ多分どっかのシャワー室だぜ!」
「どっかって?」
「それがハッキリしないど、さっきテレビのチューニングしてたら急に映った」
「・・・?えっ 盗撮!?ですか・・・・」
「バカ!俺らがするわけねぇ~だろ」
「じゃ誰が・・・・」
「わかんね~けど、ラッキーじゃん」

そこの海水浴場には10軒以上海の家があるし、
シャワー室はどこも似たようなつくりだから何処かを確定するのは難しい。
ただ、俺のバイト先でないことは次の日に確認した。
でも3人ともとりあえずこのことは黙っている事にした。

電波は海水浴場の駐車場から離れるとすぐに画面が乱れるので100~200mくらいしか届かない
ということは犯人は日中近くに居るはずだ。

でも俺たちは犯人探しよりも、その”幸運”を楽しむ事の方を選んだ。

ところが、バイト中にテレビを見るのはなかなか難しい。

仕事自体も忙しい上に、画面が人に見られるとヤバイのでコソコソ隠れて見なくてはいけない。
やっぱ後ろめたい事は良くないが、それでも先輩のカバンに隠して、手があいた隙に見た。
でも何処の店かわからないので、シャワー室に人が入ってるか確認しようが無い。
俺がみたときは、毛むくじゃらのデブのオッサンがケツをこりこり掻いてるところだった。

初日はそれで終了。

バイトが終わってから報告会をしたが、ほかの2人もなかなか見ること出来ずに
先輩が小学生低学年の女の子とその母親の着替えを一瞬見れたのが、
一番ハードな内容だった。俺は次の日に期待した。

翌日、カキ氷を掻いているといきなり声を掛けられた。
「あれ?S君?」
「は?」
顔を上げるとそこにはKさん(女性)がいた。
俺は高1まで空手を習っていたがKさんはそこの道場の2コ先輩だった。
「久しぶりだね、バイト?」
「そうです・・」
「ふ~ん・・、ちょっと~T子、S君」
呼びかけると、同じ道場のTさんともう一人初めて逢うAさんがいた。

K「T子が車買ったからさぁ~、ちょっと恐かったんだけど遊びに来たのよ」
俺「え・・それは危険ですね」
T「どゆ意味それ?」
wwwwwwwwwwwwwwww

Kさんたちはカキ氷を買ってくれたが、
残念ながら一番奥の海の家に荷物を預けてしまったという。
パラソルなんかもそこで借りていて、
場所が離れていたのでその時以外は夕方まで見かけなかった。

ちなみにKさんは小4から道場に通い当時既に三段の腕前(俺は初段でやめた)
胸は大きくないが引き締まったいいスタイルをしている顔は江角マキ子タイプ
ブルーグリーンの玉虫色のワンピースだがハイレグ気味のドキットする水着。

Tさんはどっちかというとがっちりタイプだが腕前は初段、但し胸はそこそこある
茶色にアニマル柄のセパレートだがビキニを言うには上がタンクトップ用な形。
顔は良く言えば永作かな?

Aさんは2人の高校の同級生だがスポーツには縁がないようで、全然太くはないが
全体的にプヨプヨした感じでそれはそれでHっぽい。
水着は白地にハイビスカスの花模様のビキニ
顔はアイフルのCMの娘に似て3人の中では一番かわいい。

夕方、俺がほったらかしになっていた貸し浮き輪を回収していたら。
Kさんたちがガラの悪そうな野郎にナンパされていた、
みんなは明らかに迷惑そうだったが、俺は少しの間成り行きを見守っていた。
と、Tさんが俺に気づいて声を掛けた。

T「あ~、S今日は送ってくれるんだろ?」
俺「おう、店の裏で待っててよすぐ片付けていくから」
俺は上手く話を合せた、ナンパ野郎はバツが悪そうに帰っていった。
T「サンキュー!バイトいつまで?送ったげようか??」
俺「いえ、ばあちゃんとこに泊まってますから」

Kさんたちは身支度をして海の家に引き上げていった。
俺はふと可能性に気づいて急いで自分の店に戻った、
先輩たちがまだパラソルを回収して戻っていなかったので俺は一人でテレビの前にスタンバッた。

ドキドキしながら画面をみると小学校くらいの兄弟が着替えているところだった。
やっぱり違ったのか?一瞬がっかりしたが、今の時間帯は混むので
もしかしたら順番待ちかと考えもう少し粘ることにした。
確かあの店は2つシャワーがあるのでもしカメラがその店なら
最低でも一人くらいは拝めるのではないかと期待した。

兄弟が出て行った後バスタオルをかぶった女性らしき人影が入ってきた。
タオルを取ると玉虫色のワンピース!!
夕方で室内ははっきりしないし、ローアングルなので見づらいがやはりKさんだ!!
俺の股間は早くも反応しだした。

Kさんはくくっていた髪を解くと、
すっぱりと水着を脱ぎ捨ててからシャワーをいっぱいにひねった。
勢いよく出る水のしずくの中でうっすらと水着の跡がついたKさんの艶々した肌がまぶしい
胸は水着のパットのせいか思ったより小ぶりだったがそれでも張のある形のいい三角が二つ
乳りんも乳首もきれいな淡いベージュ色に見えた。

そしてヘアー・・・

角度のきつい水着に合わせたのか?それとも元々なのか?
面積の少なく幅の細長い黒い帯。
おかげでその下には多少周辺に色素沈着があるが形は上品な割れ目が
しっかりと確認できる。

Kさんは持参のボディソーポを手につけると簡単に脇や首をサッサとこすり
胸を揉み洗いしてから股間を手刀のようにして念入りにゴシゴシとあらった
最後に髪を洗うと手際よく体を拭き、服を着て出て行った。
俺の興奮は言葉にできないくらいだった。

次に入ってきたのは白にハイビスカスの水着。Aさんだ。
ビキニのブラ紐をほどく仕草が妙に色っぽい。
現れた胸はいかにも柔らかそうなもみ心地よさそうなふくらみだった
ただし乳首の色は肌の白さとは対照的に濃い目の茶だった。
それはそれでHっぽいが・・・

そのままで軽く塩気を流したが、
残念ながらAさんは下を脱がずに水着の前を引ってシャワーを当てながら
片手でゴシゴシと砂を洗い流した。
でも着替えるときに下を取りバスタオルでそこを念入りに拭くと
2度もタオルに砂がついていないかを確認した。
一瞬見えたその部分はきれいに三角形にそろえられたヘアーの下に
大き目のヒダがはみ出したいやらしい形をしていた。

鼻血が出そうだった。

最後にTさんも入ってきた。
Tさんは最初に下を脱ぎもさっとしたヘアーを見せてくれたが、
濃すぎてその部分ははっきりと見えない何となく縦の線があるようなないような・・
とそのとき急に画面が乱れた
俺はあせってチューニングのつまみを回したがうまくいかない
するとまたどういう加減か画面が一瞬映った
Tさんのお碗型の大きな横乳はチラッと見えたが今度は真っ暗になってしまった。
しばらくまたつまみを触っていたが二度と画面は出てこなくなった。

先輩が戻ってきた。
「どう?」
「それが映らなくなってしまいました・・」
結局テレビではなくカメラの電池の切れか、壊れたのだろうというう結論になったが
それ以降は夏休みが終わるまでそんな幸運にはお目にかかれなかった。
犯人もわからず仕舞いだった。

俺はKさんたちのことは黙っていたが、
大学に入ってまた道場に復帰してからは
妙にKさんたちを意識してしまってやりにくかった。
でもTさんとは飲み会の後、いい雰囲気になって一度だけHして
あの時見られなかった体を隅々まで拝ませていただいた。

ごっちゃんです!
イイ→ イクナ

*中学プール編

中2の夏、プール授業のときのこと。
25mプールを縦に割って1~4コース男子5~8コース女子という具合になってたが
思春期の俺たちはどーしても女子のスク水に目を奪われて
股間の反応を抑えるのに必死だった。

プールサイドには2人見学の女子がいたが、
その”理由”は男子たちにもばればれで
『あいつら、今日はそうなんだ・・・』と思ったが、
当然口に出すようなことはありえない。

ところが授業が終わってみんなシャワーに向かってたときに
M彦と見学者の一人のH美がどういう訳か口げんかをはじめた、二人ともすごい剣幕で
H「うるせぇな!男の癖にグダグダ言うな!」
M「黙れ生理女!」
「違うワ!!」H美はこれで完全にキレてM彦をプールに突き落としたが、
M彦もすぐにH美のスカートを引っ張ってプールに落とした。
H美は慌てて上がってきたが、水に濡れてカーッターは透け
しかもブラもお子ちゃま用のカップのないやつだったので乳首の薄茶色まで確認できた
さらに、M彦に引っ張られてホックがはずれたのか、
プールから上がった拍子にスカートも脱げ
白の細かいプリント柄のパンツにクッキリと”毛”が映し出されていた。
H美が言ったようにアノ日ではなかったようだ。
先生が止めに入る間もない一瞬の出来事だった。

スリムだがこりん星から来たようなコケティッシュな顔のH美に、
それ以降同級生たちは数え切れないくらいネタの世話になった。

*スーパー銭湯編

土曜日に家からくるまで2時間くらいのキャンプ場に友達とバーベキュウにいったら、
ご近所のご家族も来ていた。
川遊びも出来るので、そこの奥さん(美人・30代後半?)と
中1の娘の水着が見れてちょっと得した気分だった。
更に小4(女)小2(男)の弟妹たちもはしゃぎまくっていた。

帰り道、俺らは焼肉の匂いと、汗と脂まみれのカラダをスッキリさせようと
途中のスーパー銭湯に立ち寄った、
さすがに大混雑で、女風呂は40分待ちの入場規制をしていた。

身体をあらってすぐ露天に行こうと思ったら、
露天のほうからさっきの小2の弟が走ってきた。
どこも同じパターンだなとニヤついたが、
その後に小4の女の子も居たのでギョットして立ち止まった。

多分女湯が混雑していたのもあるのだろうが、
10歳、お家ならいざ知らず、お父さんと男湯に入るのは大きすぎないだろうか?

本人は全然気にせずに弟と相変わらずはしゃいでいるが、
お父さんの手前もあって目のやり場に困った。
4年生にしては背が高く(140cm強)腰の辺りは既に女性特有の曲線になりつつあって、
胸はこれからの成長のそなえて微かな”余裕”が確認できる。

そして真直ぐな”筋”。

何度も何度も浴場内を行き来するのでそのたびに気になってしょうがなかった。
奥さんや中1の姉とダブって息子が膨らむのを押さえるのに苦労した。

ヤバイ、その気は無いと思っていたがロリロリにはまりそうだ・・・・。

*プレイ?編

週末、彼女のマンションにかなり遅くに訪ねてた行った。
彼女の部屋は6Fだが、エレベーターで4Fを通過するときに
ふと見ると廊下で裸の女のヒトが立っているのが見えた(ような気がした)

時間が時間だけに幽霊と思わなくはなかったが、
どうしても気になったので戻ってみた。

4Fで止め、扉が開くとやはり女性(後ろ向き)が立っている、
しかもストッキング以外は身につけていない。

あまりの事にしばらく呆然と立ち尽くしたが、
良く見ると手に手錠のようなものが嵌っている。

事件か? 勇気を出して二三歩近づくと、気配を感じた女性が振り返った。
何度か見かけたことのある同じマンションの人(30代後半?)だった。

その人は懇願するような眼で見つめていたが
多少たるんだオッパイと毛のない股間がはっきりと見えた。
その時部屋のドアが開いて、真面目そうな男が現れ、
じろりとこちらを睨むとニヤリと笑って、女性の髪を掴んで部屋に消えた。

慌てて彼女の部屋に逃げ込むと今の話をしたら、
マンションでは有名な話で、一度警察が来たが懲りずに続いているそうだ。

色んな趣味があるものだが、
なぜかその夜はいつもよりお互い激しかったように感じる。

*某芸術大学編

大学時代、高校の同級生が某芸大にいってて、
冗談半分に「ヌードのデッサンとかあるんか?ええなぁ~、俺も見たいわ」
というと
「綺麗なねぇちゃんばっかりと違うで、男もあるし、見せたろか?」
「えぇ、かまへんの?見せて見せて」
ということになった。

部外者は原則立ち入り禁止だが、
俺はそいつの、高校の美大志望の後輩ということにして見学させてもらう事になった。
デッサン室は廊下側にカーテンをして覗かれないようにして鍵をかけ、
みんなが席についたところでモデルの女の人が入ってきた
30くらいかと最初思った。

ギリシャ彫刻のような人かと想像していたが中肉中背の案外普通の人で
スタイルも悪くは無い程度

もさっとした陰毛、化粧っ気の無い顔、髪の毛を無造作にくくっている。
ちょっと期待はずれだったが裸の女性には間違いない。
ちょっと股間が反応した。
その人は無表情に座っていたが、一瞬俺と眼が合ったときにギクリとした。
よく見ると俺が中学時代まで通っていたピアノの先生とこのお嬢さんだった。

まさかこんなところで再会するとは思わなかったが股間は激しく反応してしまった。

  orz

後で聞くとお嬢さんは違う芸大の研究生で(当時28歳)
時々あちこちのデッサンモデルのバイトをしているそうだ。

その後何度か飲みに行ったり買い物に付き合ったりして
1年くらい親交があったがHな事は一度も無かった。
ちょっと後悔

*お天気カメラ編

最近は防犯上だとかであちこちにカメラが設置されてるでしょ、
自分で気づかないところで誰かに変なところ見られちゃったりして・・・。

うちの嫁さんなんかスーパーのエレベーターで俺と二人だけなのをいいことに
「最近スカートきつい」っていいながら、おなか丸出しにして
プニプニってぜい肉摘まんだあとで防犯カメラに気がついて真っ赤になってた。

そんな経験皆さんもありませんか?

学生の頃、あるテレビ局でバイトしていた時期があったんですが、
よく天気予報なんかで空の様子や町の風景を映している映像があるでしょ?
あれはその近くのビルなどの屋上に設置した無人のカメラからのものなんです。

俺らは『天カメ』っていってましたけど。
その天カメは局の報道部から遠隔操作するのですが、
事件が無いときや暇な時間帯は手の空いた人が適当に操作して遊んでます。

俺も何度か見せてもらった事がありました。

局が特定されるとまずいので、ぼやかして書きます。

アベックが一定の間隔をあけて並んでいる観光地の河川敷があって、
昼間でもけっこうキスシーンを見せ付けられたりするのですが、
夏の夕暮れになると、かなりきわどい行為をしているカップルもいます。

以前(今も?)野球の珍プレー好プレーなんかで球場のがらがらスタンドの上で
ラブシーンをしているカップルなんかO,Aされてましたがその何倍もハードです。
(実際はスタンドでもO,Aできないようなシーンもたくさんありますが)

ある夏の土曜日、夕方のニュースほ編集が終わって、
O,Aスタッフがスタンバイしてるとき
エディターさんが一人食い入るように天カメを操作しているので
用事のない俺が画面を覗き込むと
カップルがイチャイチャしているところだった。

おっ!と思って俺も仲間に入れてもらい一緒に見ることにした。
最高ズームで夕方だったが周りはまだそれほど暗いわけではないし、
カメラは放送用の感度の良いモノなので、
超望遠でも少し荒れる程度で表情までよくわかる。

彼氏は彼女のキャミの中に下から手を差込んで胸を揉んでいる。

両隣のカップルとの間隔は30mくらいだったろうか?
でも後ろは時々人が歩いているのに
その二人は全然周りを気にしてないようだった。

「こういう二人だけの世界に入ってる奴らって、期待できるんだぜ」
30過ぎて独身のそのエディターさんはいやらしく笑いながらそういった。

彼氏は胸を揉みながら、彼女の唇を貪るように吸っている。
彼女もウットリとした表情だ

・・・・・・・・・・・・・・・はて?

俺は目を凝らして、彼女の方を見つめたなんとなく見たことがあるような・・・・
俺は息を呑んだ、ゼミの教授の秘書Jさんにソックリだ。

まさかとおもって彼氏もみたが教授の白髪頭ではなく、どう見ても2~30代
ほっとしたような、残念のような・・・・・

本当にJさん???俺はさらによく見た。
髪型は同じ、でも眼鏡かけてないし・・・
決め手は眉の横の大きめの黒子だった、やっぱり間違いない。
俺はひょんなことから知り合いのラブシーンを目の当たりにして
喉の奥が焼けるような興奮を覚えた、

Jさん達は川に向いて座っているので前から見られているとは思っていないのだろう、
彼氏はとうとうキャミをたくし上げてJさんの胸を露出させた
(ちなみにレースの上着は羽織ってます)
辺りはもう薄暗くなっていたがエディターさんはその都度感度をあげたので
BカップくらいのJさんのオパーイがはっきり見えた。  ウッ鼻血が・・・・

世の中には美味しい話もあるもんだ、以上。

性懲りも無く第3弾

*レスキュー編

7~8年前になるかと思うが、お隣近所で海に行ったときこと。

天気は良かったが、波はわりと高かった。
気にせずに泳いでいると辺りが急に騒がしくなった、
同級生のお姉ちゃん(中3)が沖に流されたというのだ。

セイバーが必死で引き上げてきたときにみんなが周りに集まったが、気を失っていた。

すぐに人工呼吸が始まったが、
それよりも波にさらわれたのか、
溺れて暴れた為か、
お姉ちゃんのビキニの上は既に無く
下も引き上げられた時は太腿までずり下がっていた。

すぐにバスタオルが掛けられたが、
スクール水着の跡がついた膨らみかけた胸と、意外に濃い茂みが目に焼きついた。

幸いすぐ水を吐いて意識が戻ったがので大事には至らなかったが、
不謹慎ながらそれからしばらくはネタにさせていただきました。

*従姉の秘事編

ばあちゃんに頼まれて叔母のうちの届け物をしたとき(8月下旬)
珍しく玄関に鍵がかかっていたので縁側にまわって勝手に上がりこんだ。

人の気配が無かったので(いつも朝から夕方まで畑に出てる事が多い)
台所に荷物を置きメモを書いた。

帰りに便所を借りようと、奥に入っていくと突然素っ裸の若い男が便所から出てきた。
私は驚いて絶句したが、相手は「うわゎゎゎ!」と大声を出した。
その声で従姉の部屋からこれまた素っ裸の従姉が飛び出してきた。

三人ともしばし呆然。

地元の中学で教師をしている従姉は30前で独身なので、
彼氏となにをしようと勝手だが、
まさか自宅に引っ張り込んでるとは思わなかった。

従妹がなにか喋ろうとするのを手で制止して、
俺はくるりと背を向けて急いで出て行った。

でも、どう見ても彼氏が俺(大学3回)よりかなり若く見えたのは・・・・。

今度顔を合わす時が楽しみだ、ウヒヒ。

連休に彼岸とじいちゃんの7回忌を兼ねて親戚が集まったときに従姉と顔をあわせた。

俺が横目でニヤニヤしながら見つめていると、
しばらくして堪らなくなったのか従姉のほうから声を掛けてきた。
「誰か喋った?」
「いいや」
「お願い!」両手を合わせて拝みながら必死だ
「OK」
「サンキュー!絶対ね!!」
「その代り、相手のこと教えてよ、誰?」
「え、・・・・・・・・・」

従姉の話によると相手は18歳(浪人中)、
彼女がはじめて担任したクラス(現在の中学とは別)の生徒だそうだ。

今年はじめ進路の事で相談しにきて、
何度か逢っている内になんとなくいい感じになって。
浪人が決まって落ち込んでるときに、最初に結ばれたそうだ。

「童貞を奪ったんだ・・」
「え、ううん初めてじゃなかったよ」

ということだが、
話の内容からもしかして従姉のほうが初めてではなかったか、と疑っているところだ。

従姉は並の顔でスタイルも普通(このまえ見た限りでは)だが、
垢抜けてないしいかにも田舎教師って感じがしないでもない。
俺が知る限り彼氏の話は聞いたことが無い。

どうやら従姉のほうがのぼせているような雰囲気なので、
「ヤバクない?」
「・・・うん。 もしかしたら相談乗ってもらうかも・・・」

ちょと俺の方もブルーになってしまった

*俺たちの旅?編

遠い昔の学生時代、今みたいにワンルームじゃなくて下宿だった。
A夫の部屋で麻雀してると
向かいの部屋(2年先輩)の奴が酔っ払って女連れ込んだらしく
ギャーギャー騒いでるなと思ったら急に静かになった。
四人とも声を殺して聞き耳をたてると、ギシギシという音と小さな喘ぎ声。

目が冴えて徹夜になったが明け方少しうとうとしてから小便に眼がさめた。
廊下にでると(共同便所)、そこに全裸の女が大の字になって眠っていたので
心臓が止まりそうだった。

すぐにみんなを起こして熟睡している女を舐めるように観察した。
と、A夫が急に「おいこの娘学生部の受付のひと違うか?」というので
改めてよく見ると確かにその通りだった。

みんな一旦部屋に戻って、
女が気がついて中に入たのを確認してから皆それぞれ自分の部屋に帰った。

俺たちだけの秘密にしたので何故廊下に寝ていたか先輩には聞けなかったが
それ以降学生部に行く度に制服の下を思い出して鼻血が出そうだった。

受付嬢スペック(当然当時)

年齢・25歳、身長・155cm、バスト・84B、ウェスト・60、ヒップ・88(プロポーションは推定)

色形:胸・大きくは無いが張りがある、乳輪は小さめ、乳首さくらんぼ大、ベージュ。
   毛・卵型、恥丘部分は密集下に行くほどまばら、毛自体は細く短目
   陰部・太腿の付け根から大陰唇の周辺に多少の色素沈着あり、
      小陰唇厚めのヒダが上部に突き出している右側少し大きめ
      縁はグレーそのほかは赤っぽいベージュ、クリ僅かに顔出し

顔・野々村真の奥さん坂上としえに似ている

以上現場に居た4人の統一見解なので客観性があると思います。

*警備会社編

いま大学の合気道部に所属しているが、先輩の紹介で警備会社のバイトしてます。

この前まで繁華街の地下駐車場に半年くらい派遣されてましたが、
事務室の奥には防犯カメラのモニターが16台あって常に誰かか監視しています。

小さな犯罪はちょくちょくあって
警備会社としても腕に覚えのあるモノを選んでいました。

よくあるトラブルはやはり接触事故、
当て逃げはほとんどナンバーが判ってるのですぐにつかまります。

ナンバー盗難も最近増えましたし、車上荒らし、盗難車の放置、廃車の置き去り。
何年か前には放置車両から死体が見つかった事もあったそうです。

それで地下の駐車場は死角も多いので、みんな結構いろんなことやらかしてくれる。

一番多いのが立ちション。トイレもちゃんとあるのだがちょっと遠いと平気でする。
しかも女性でも時々見かけるどっちかというと女は若い人が多い。

ゴミのポイ捨て、灰皿掃除は当たり前のようにやってるし、
みんなわからないだろうとマナーは最悪。

でもしっかりモニターでチェックされてるのでみなさん気をつけて下さい。

でもこの程度なら巡回中でもない限りいちいち注意したりはしないです。(多すぎて)

一度派遣されてすぐに
数人の男と2人の女性が変な事してるのを見つけて出動したら
ナンパビデオの撮影だった、
女性にも確認するとその通りだという、
しかも仕込み(ヤラセ)だった。

繁華街の真ん中なので酔っ払いのトラブルも多い。

夏も終わりになりかけた頃。夜中3時くらいだったと思う。
モニターを見ていると女性が三人暴れている、
どうもけんかをしているようだった。

俺と駐車場の若い人が出動、もう一人のおじちゃんが警察に通報。
駆けつけると凄まじい金切り声と悲鳴、
一人が髪の毛を掴んで引き摺りまわし後の一人が飛び蹴り。
やられている方も暴れて必死でキックとパンチを繰り出している。

髪の毛を掴んでるほうとやられている方は服がビリビリになって、
飛び蹴り女は鼻血ブー状態。

「落ち着いて、落ち着いて、とにかく落ちてください」叫びながら近づくと
「っるせぇんだよ!こっちくんなバカヤロー!!」えらい剣幕である。

でも放っておく訳にはいかない、すでに怪我人がでている、
俺達は後ろから羽交い絞めにするようにして
とりあえず二人を引き離したが、
のこりの一人は尚も蹴りをいれてくるのでかばった俺にも何発か入った。

髪の毛を掴んでいた方は頬から首筋と胸に四本の爪あとがくっきりと浮き出ていた
薄手のキャミは引きちぎられブラもずれて右乳が完全に露出していた。
やられていた方は、Tシャツがずり下がって左肩がでてヌーブラが落ちかかっているし
ミニスカートは横に落ちていてパンツ丸見え、しかも半分毛が見えていた。
俺も若い人も思わず笑いそうに成るのを必死でこらえた。

すぐに近くの交番から警官が3人駆けつけた。

少し落ち着いたのが、
女達はそれでも興奮していて隠そうともせずに相手を睨みつけている。

俺が改めて見ると片パイ見せは近くの抜きキャバ嬢でこの駐車場の月極め契約者だった、
それよりも驚いたのはズレヌーブラのパン&毛見せの方
既に卒業していたが同じ大学の拳法部で副主将をやっていたNさんだった。

この人にかかったら普通の女性だったらひとたまりも無かっただろう、
相手の二人はこの程度で済んでラッキーだったかもしれない。
ちなみにキャバ嬢は倖田來未(もう一人は鈴木沙理名)、
先輩は顔だけでいうとMEGUMIたいぷ(胸は普通)。

押忍、ゴッチャンでした!

*100円ショップ店員編

金曜日に行きつけのパブに行った。
店に入るといきなり異様な盛り上がりだった。

人だかりの内側を覗き込むと女の子が二人
一人はブラとスカート、もう一人はGパンを穿いていたが、上はおっぱいポロリ状態。
良く見るとそのおっぱいポロリの方が、会社の近くの100円ショップの店員だった。

野球拳?と思ったがそうではないようで、
「ぬーげ、ぬーげ、脱~げ!」コールの大合唱でのなかで、
勝手に自分でイッキをして、一枚づつ脱いでいる。

どうなるのだろう、ドキドキしながら成り行きを見ていたが。
100円ショップの方はサッサと一糸まとわぬ姿になって、
もう一人の方のパンツを無理やり引っ張っている。

結局パンツは剥ぎ取れなかったが、
100円ショップは何度も転んだりしゃがんだりしたので
隅からスミまでじっくりと拝ませていただきました。 ゴッチャン!

そこはハプニングバーとかでは全然無い、ごく普通のパブです。

ちなみに100円ショップは篠原涼子風(少し痩せてるが)
もう一人の方は強いて言えば眞鍋かをり風かな・・・?

>その後100円ショップにいって反応みてないの?

>>206
あえて様子を見に行ったわけではないが、2度ほど買い物に行ったときはいなかった。
休んでいるのか、辞めたのか、ローテが合わなかったのかは確認していない。

それよりもその時100円ショップはパブの店長が奥に連れて行って服を着せ
(相当時間をかけて?)

眞鍋は自分で店のトイレで着替えたが、
飲み友達の一人がお持ち帰りしたのが羨ましかった。

世の中美味しいこともあるもんだ、以上。