ED治すために嫁を寝取らせたらハマったpart1

投稿者: | 2017-08-26

1.ここ数年レス(俺のEDのせい)
2.文句一切言わない嫁にいたたまれず…
3.他の男との関係を俺から打診、嫁怒る
4.暫く話題に触れなかったものの、先々月嫁からポロっと言われる。
5.恐る恐る再打診、嫁受託
6.相手探す
7.年末嫁とその相手、会う事になった。

今、ここです。

638 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 09:27:14.79 ID:u5rGrX/i0 [3/3]
>>636
このままだと夫婦間ギクシャクしてきてその内離婚、なんて事にしない為に思いついた事。離婚なんてあり得ないよ。
ただ、このスレ以前から見てる位なんで、興味はあったし少し麻痺してるかもしれない、とは思う。

>>637
複数なんてとんでもない。

取り敢えずここで良いのかい?
でもさっき書いたような状況なんで、進展したら、ってことで。
18歳以上 FC2 Blog Ranking

642 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 10:52:28.05 ID:EsgxhinZ0 [1/4]
>>640
楽しむって……そもそも動機が達也とは違うし。

スペック
俺、三十代後半
嫁、三十代前半
子あり

みばれ怖いんで、こんなもんでもいい?

651 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 15:03:39.42 ID:EsgxhinZ0 [2/4]
>>647
鬱勃起ね……
思わぬ副作用でそうなれば、それはそれで良い事なんだろうね。
でも、女盛りなのにセックスで満足できない嫁がいたたまれなくて、自分なりに考えに考えて出した結論です。
嫁が肉体的に満足してもらえれば、まずは一安心です。夫としてある種安心できるかも。
感覚が一般人とは違う、と言われればそうかもしれません。自分でも麻痺してるかも、とは思いますんで。
仕事の合間に書いていますので、神出鬼没でスミマセン。

653 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 15:26:33.75 ID:EsgxhinZ0 [3/4]
時間が少しあるので少々追加。

嫁はかなり美人。俺には勿体ない。
こいつ逃したら一生後悔すると思い、結構若かったけど早くに結婚した。子供もすぐ出来たので、今では全く手がかからないくらい大きくなってます。

嫁の相手となる男は俺が選んだ。大学の後輩だが、こいつ以外にはあり得ないと思った奴。見た目はそこそこだが、爽やかで清潔で、物事に対する執着心の薄い奴。特に最後の要件は俺が一番重視したところ。役割を忘れて嫁に粘着されては元も子もないと思ったから。
あと、見た目そこそこと言っても嫁のタイプではない顔。俺と正反対の所謂濃い顔です。

二人が会うのは再来週です。

こうやって字に起こすと、なんかドキドキしてくるよ……今からこれじゃ先が思いやられるよね。

656 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 15:35:57.90 ID:EsgxhinZ0 [4/4]
>>655
見ません。
報告して欲しいとも言ってません。でも、満足できたかどうかくらいは聞くでしょうね、やっぱり。

676 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 21:29:43.83 ID:Kd4ByFEc0 [1/3]
女専風俗ってあるのか。知らなかった。

それと、寝取られに興味が無ければここを覗かないよ。

EDになったキッカケだけど……
軽蔑されると思うけど、浮気なんだわ、俺の。会社の若い娘とさ、数回あったんだよ。
自分より一回り以上年下の女の子。
罪悪感なのかなんなのか分からないけど、その時から嫁を抱こうとすると何故か元気が無くなっちゃってね。本当に何が原因なのか分からない。顔も身体もハッキリいって嫁の方がずっとずっと上。ただ若さだけだったのき。
嫁に隠れてバイとかも試したんだけどダメなんだよ。

寝取らせようとした理由の一つがこれなんだよ。嫁にも他の男を、ってね。
本当に最悪だよ。心の中でバランス取って罪悪感を相殺させようなんて無意味なこと考えてさ。
俺はずるい奴だよ。

679 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 21:37:04.29 ID:Kd4ByFEc0 [2/3]
寝取らせる理由の一つがこんなのだから、盗聴器とかでその最中の行為を聞くことにあまり興味が無かったのかもしれない。他の男に嫁がイかされた、という免罪符が欲しかっただけなんだろうから。自分でもよく分からんけど……

681 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/09(金) 21:40:39.67 ID:Kd4ByFEc0 [3/3]
>>678
トラウマね……その通りだ。身から出たサビだけど。

盗聴器で万が一、嫁の男に対する愛の言葉が聞けたなら、俺の心はぶっ壊れるかもね。でもその方がいいのかもな。それくらいのインパクトが俺には必要かも。よくも悪くも。

ごめん、自宅着いたから。また今度。

708 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 12:01:45.15 ID:CU1zNRhJ0 [1/2]
やっぱ荒れちゃったね……
昨夜はちょっと感情が高ぶってました。
確かに俺は最低な奴だと自覚してる。
ただ、こういい言い方は無責任だけど、寝取らせの理由の一つであるにすぎない。
嫁はセックスが大好きなのに、ずっと満足させられない事を不憫に感じていた。純粋に嫁に喜んで欲しかった。それで夫婦関係が良好になる、という話も聞いたことがある。行き着く先がどうなるのか、考えると不安になる事もある。
だけど、考え過ぎかもしれんが、追い詰められてたんだよ、俺自身。何故か嫁が離れていってしまうような気がしたんだよ。

こんな話、スレチだよな。
俺は来週の事、実行する。盗聴器とかも考えてみる。
もう変な話はしないよ。ここの住人に応えられるような話をするからさ。

711 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 12:36:53.79 ID:CU1zNRhJ0 [2/2]
>>710
二年弱。
それまでは付き合ってる時から殆ど毎日してた。それくらい良かった。多分嫁もそう思ってくれてたと思う。

それ以来、他の女とはしていないよ。

717 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 16:08:31.84 ID:5aa5/hP00 [1/4]
後輩と嫁は面識なし。
俺がOBとして部活に顔出すようになってから、同じくOBとして顔出してたあいつと知り合った。年は10近く離れてるのにウマが合い、しかも意外なところで接点あったりして気心の知れた仲になった。
子供の事心配する声があるけどさ……ごめんな、フェイクだった。本当はいないんだ。年齢的には普通に子ありだと思ったから嘘つきました。みばれは絶対にやだからさ。ごめん。

718 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 16:11:16.14 ID:5aa5/hP00 [2/4]
道具も使ったさ。それなりに気持ち良かったとも言ってたよ。
でもね、「やっぱ虚しい(笑)」とか言われちゃってね。ちょっとしたトラウマです。

719 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 16:14:15.93 ID:5aa5/hP00 [3/4]
あとね、さっき嫁から来週の事言われたよ。自宅で会うんだけどさ、寝室には入れないから、だって。

なんかさ、敢えてそんな事言われると、じゃあリビングや風呂でやんのかなって、妙に生々しく考えてしまった。

722 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 16:29:19.37 ID:5aa5/hP00 [4/4]
>>720
>嫁さんやる気満々?
全然そうは見えない。嫁なりに俺に気を使っての言葉だと思う。

>でも愛情表現はしといた方がいいわ。
毎日言ってるよ、色々と。

>>721
三人とも仕事してるし微妙に時間が合わなかったので、顔見せは当日ぶっつけ本番なんだよ。夕方から自宅でお酒飲みながら、って感じ。俺徐々にフェードアウト。わざわざそっからホテル行くかな…?もしそうなったら盗聴器とか無駄になるね。

734 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/10(土) 20:20:40.52 ID:z1nPLkAp0
>>733
聞き耳立てる?無理だよ。俺は家にいない約束だし。

俺、優柔不断、ではないと思うけど。
あと嫁は仕事してるよ。

取り敢えず、何もない限り来週まで潜るよ。何となく荒れてきたしね。

369 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 15:33:37.83 ID:VX8LivFC0 [1/3]
こんにちわ。
631だけど、二人残して今部屋を出てきたところ。盗聴器はリビングと寝室に仕掛けておいた。
嫁がスーパー行ってる間に後輩が家に来たんだけど、帰ってきた嫁を一目見て態度が変わった。「凄い美人じゃないすか……緊張してきた」俺にこっそり言ってからはあいつらしくなく冗舌だった。どちらかと言うとポーカーフェースなのに。なんか浮き足立ってたよ。
もし上手くやれたなら、その最中に嫁に内緒で電話入れてもらうように頼んでみた。二つ返事だったんだけど、なんかちょっと不安。と言うのは、やっぱあいつのキャラがいつもと違ってたから。

少し酔ってんだけど、今ドキドキ感が酷い。ちょっと冷静でいられない。
これから満喫。あいつからの連絡を待ちながら静かに時間が過ぎるのをただ一向祈るのみ。ホテルに行くなら行っちまえ。

ついに踏み出しました。後戻りできないね…

380 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 19:22:51.71 ID:VX8LivFC0 [2/3]
さっき後輩から帰るとの連絡が入った。
結局「あの時」の電話は三回あった。一回目は控え目な感じだったけど、後の二回は完全にいかされてた。嫁のあの時の声を久しぶりに聞いたけど、正直なところちょっと違和感があった。こんなんだっけ?みたいな意味で。

最後の方の
「凄いね~……本当に(笑)」
「そんな事ないですよ(笑)」
「いや、本当凄いって~(笑)、うん…本当に……」
という二人の会話が頭から離れない。そんなに良かったんだろうかって、ちょっと鬱です。
取り敢えず家に帰るけど、今日はもう無理そう。ごめん。

382 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 19:30:40.14 ID:VX8LivFC0 [3/3]
>>381
ごめん、なかなか達也のようにはいかんよ。この後帰ってから嫁を抱きたいなんて思えないし。
住人的にはつまらないよな。ごめんよ。

384 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/18(日) 19:36:35.26 ID:Y9yNEL+00
>>383
嫁だよ。後輩は謙遜して控え目に答えてたけど、嫁は関心していた。大きいとも言ってたし。
もう少ししたら家に着くのでレス出来なくなると思う。

428 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 11:48:02.10 ID:7bPIisuy0 [1/2]
631だけど、少しだけ報告する。
やっぱりホテルなんか行かずに自宅でした。
後輩から話聞いていないし、盗聴器もまだ未確認。実はちょっと恐くて聞けない状態。

今朝までは微妙な空気。
なんか嫁、明るくてウキウキしてる感じなんだけど、無理矢理それを抑えて普段通りに接しようとしている、というと伝わるだろうか?俺に対する配慮なんだろうけど、バレバレと言うか。

だけどね、昨夜戻った後、嫁から「まぁ…良かったんじゃない?」って素っ気なく言われた時、勃起しちゃったよ。自分でも驚いた。こんな一言だけで痛いくらいに立っちゃうなんて。なんでかな…あんなに凄く喘いでたのに、それなのに逆に嫁が素っ気ない言い方したからかな。
俺自身、電話聞いてる最中は色んな思いで一杯一杯だったけど、今は思ったよりも落ち着いていられる。

430 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/19(月) 11:52:29.29 ID:7bPIisuy0 [2/2]
あの時結局三回電話があって、一回目がゆっくりとイス?が軋む音と二人の吐息だけ。他人が聞いても全然興奮しない内容だと思う。
でも俺にとっては「確実にセックスしている」という事実を突きつけられて、見舞いがする程動揺したし、興奮もした。

二回目の電話は嫁の声がはっきり聞こえた。三回目もそう。二回ともいかされた後に電話が切れた。
凄く、いやらしかった。エロ過ぎると思った。自分の嫁だからだよな……

「あん、やだ…いい」「凄い、大きいね…なんか、凄いな……」こんな事も言ってた。俺以外の男に足を開いて入れられて、それでこんな言葉を言うなんてさ……
盗聴器、聞くのが恐い。
ヘタレでごめんな。
ってか、俺謝ってばかりだね……

506 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/20(火) 10:16:04.44 ID:24O0lIKv0
昨夜俺飲みのため、出来ず。
ついでに録音も聞けず。と言うよりも、聞く勇気が……

達也で盛り上がってるところ悪いので、ちゃんと報告出来るようになったら来ます。

527 名前:631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2011/12/20(火) 17:43:18.40 ID:+TWAC6A50
ごめんな、こま切れで。
ちゃんと全て確認してから纏めて投下するよ。
あとトリ付けるね。

640 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 16:49:16.26 ID:NKX1SIW10 [1/6]
>>639
見てはいるんだけど、ここの人達のレベルが高くて、中途半端な状態での報告は気が引けます。
レコーダーも聞いたし、後は纏めるだけ、でも嫁がいるところじゃ書けないので仕事の合間をみて携帯で、となるわけなんだが、これまた年末年始は忙しいし……
もう、ゆっくりやらせてもらいます。

643 名前:631[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 17:17:36.57 ID:NKX1SIW10 [2/6]
>>641
はめまくってます(笑)

647 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 17:58:08.38 ID:NKX1SIW10 [3/6]
>>645
言い過ぎた。二~三日に一回くらい……本当は。

>>646
小出しにするとそれはそれでブーイングあるしね。
まあでも途中まで投下しますよ、これまで多少質問あったところをね。

648 名前:631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2011/12/24(土) 18:00:31.68 ID:NKX1SIW10 [4/6]
録音聞いたよ、全部。
色んな思いが交錯してるんだが、言葉で言い表わせるんだろうかって思うんだけど、順番に書いてくしかないよね。
ただはっきりしたのは俺は変態だという事。やっぱり超ど変態、変質者だよ。正直言うと、また抱かせたいと思っている、猛烈に。

スペック晒せって話があったんで少しだけ。
嫁は芸能人では誰にも似てない。少なくとも俺が知ってる範囲での話だが。以前会社の上司に「かとうれいこにソックリ!」と言われた事があるけど、俺はよく分からない。写真見たけど嫁の方が目はパッチリしてると思う。
後輩は本人曰く、山ピーに少しだけ似ている。もてるらしいが、俺は全然そうは思えない。少なくとも俺が女なら絶対に惚れることはない。まぁフツメンだよ、多分。

650 名前:631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2011/12/24(土) 18:02:46.31 ID:NKX1SIW10 [5/6]
あと嫁の実態像が分からなくてしっくりこないみたいな話もあったんで少し説明します。
キッカケは、嫁が学生の時にうちの会社にバイトで来ていたところ、俺が一目惚れ。後先考える余裕もない程惚れてしまっていた俺は人生初の告白、そして玉砕。
それ以降、情けない事に仕事が手に付かない程落ち込んだんだけど、同僚(女)の具体的アドバイスもあって、その後何度も告白。四度目にして付き合う事となった。
後で嫁から当時の事を聞いたんだけど、俺の事は第一印象としては「空気」みたいに思ってたらしい。だから告られてもピンと来なかったし、付き合う理由も無かったから断ったと(泣)。
でも男をあまり切らした事のない嫁は、たまたま数ヶ月の男日照りで人肌恋しくなったので、何度も告ってくる俺と付き合ってみる事にしたと。まあこんな感じ。
なんかキッカケ話すと凹むよね。

651 名前:631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2011/12/24(土) 18:04:45.98 ID:NKX1SIW10 [6/6]
勿論、一年付き合って嫁も俺の事を心底愛してくれるようになったのが分かったからプロポーズしたし、その事を嫁は素直に喜んでくれてたし。
新婚の時は「お母さんに何度も何度も、女は男に惚れられて結婚するのが一番幸せになれる、って聞かされてたしねぇ(笑)」と弄られる日々もありましたけど(泣)
血液型の事はよく分からないけど、嫁はAB型。ぐっと抱き締めるとスルッと抜けて行きそうな感じ。と思ったらイキナリベタついて来たり。掴みどころないと言えばそうかも。

取り敢えず、こんなので許して下さい(笑)
ちゃんと報告するし、俺君達が来たら来たで邪魔にならないようにするからさ。

894 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:38:49.39 ID:m88QfSHzi [1/34]
じゃあ順に晒す。自分本位でいくよ。
連投規制あるだろうけど。

レコーダーは耳にタコが出来るほど何度も聞いたけど、中身全部書いてたら日が暮れるので要点を纏めた。
俺が「じゃあ、ゆっくりしてけな、後輩」と言って家を出たところから。
ドアを閉める音がした後、暫く沈黙。最初に話しかけたのは後輩だった。

「旦那さん、行っちゃいましたね……」
「うん……」

895 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:39:49.13 ID:m88QfSHzi [2/34]
三人の時は結構明るかった二人、酔ってるなぁとか思ってたんだけど、俺が出てくといきなり落ち着いた感じになった。嫁の語り口からなんか微妙な緊張感が伝わってきた。
取り留めのない話をしてたけど続かない。たまに沈黙になったり、明らかに意識してる二人。
でも後輩、いきなり核心ついた。

「あの、今日、いいっすか?……いいっすよね?」

結構ハッキリ言う後輩の声を聞いて、ああこいつ、やっぱ女慣れしてるかも、と思った。
嫁も条件反射みたいな感じで、
「……え、あ、うん…」
と即返事。

「良かった……ホッとしました。シャワー借りてもいいですか?」
「あ、……うん…」

どんどん後輩ペースで話が進むので少し焦った。嫁の方が少し年上だから、どちらかと言うと嫁主導だと思ってたから。後輩の押しの強さも意外だったけど、嫁がこんなに押しに弱いのも意外だった。

896 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:40:55.20 ID:m88QfSHzi [3/34]
後輩がシャワー行ってる間、嫁の「はぁ~……」と言う溜息が聞こえてきた。緊張しているからなのか、後悔しているからなのか、しきりに何度も溜息を付く嫁。

すぐに後輩が戻ってきた。
「奥さんどうします?入りますか?」
「あ、うん…て言うかさ……やっぱり、しなきゃ…ダメ?」
「え?どういう事ですか?」
「いや、そのままなんだけど…」
「えー?……まじっすかぁ…」
「ごめん」
「うわぁ~……」
「ごめんね、本当に…ごめんね」
「いや、まぁ仕方ないっすけど…」

俺、これ聞いて素直に嬉しかった。よしっ!みたいな感じ。でも同時に少しだけ落胆もした。なんだ、しないのか、みたいな。でも電話で聞いてた時は確かにしてたよな、とか……少し混乱していた。上手く言い表せない。

897 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:41:50.84 ID:m88QfSHzi [4/34]
本当は後輩は嫁の事を下の名前で、嫁は後輩を上の名前で呼んでいたので、以後「れいこ」「後輩」とする。

その後、後輩の提案でゲームを始める二人。盛り上がってはいるようだけど嫁の歯切れが悪い。理由は多分後輩の格好だと思う。

「ねぇ後輩君、寒くないの?」
「いえ、別に」
「でも、なんか、ねぇ…」
「あ、気になりますか?…まぁ気になりますよね(笑)」
「うん(笑)」

暫く無言の後だった。

「あ!…やだぁ~、もう………」

いきなり色っぽい嫁の声。もう耳の穴がデカくなるくらいイヤホンを押し付けました。本当にいきなりの嫁の甘い声に不意打ちくらった感じ。後輩が遂に嫁に手を出したのかもしれない、そう思った途端、やや勃起し始めてしまった……

898 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:43:12.79 ID:m88QfSHzi [5/34]
「すいません……ばれちゃいました?……」
「…もう……」
「さっきからずっとこのままなんです。収まらなくて……」
「知ってるし(呆れたような口調)」

この会話でたぶんこれは後輩、チ○コ出したのかも、と思った。どう考えてもこの会話からはこのシチュエーションしか思いつかなかった。
後輩は囁くように嫁に話しかける。どんなに小さく囁いても、殆どレコーダーが拾っていた。

899 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:44:06.34 ID:m88QfSHzi [6/34]
「俺ね、旦那さんと約束したんですよ、無理強いはしないって。れいこさんが嫌がったら手も触れないって」
「…そうなん……」
「でも辛いっすよ、俺も健全な男だから(苦笑)」
「…………」
「れいこさん、ズバリ言っていいですか?」
「ん?……ん~…なんか聞かなくても分かるかも……」
「いや、多分当たってると思います(笑)……」
「…スッキリ…したいんだよね?」

何となく上から目線のような、半分笑った感じで凄く大胆なことを言い始める嫁。形成逆転とまでは言わないまでも、年上の嫁に余裕が出てきたのか、それとも背伸びしようとしているのか?

901 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:44:56.71 ID:m88QfSHzi [7/34]
「手とかじゃダメ?」

心にグサッと来た。もうオロオロするしかなかった。嫁が俺以外のチ○コを握る。射精させるために、気持ちよくするために、後輩のチ○コを扱く。そう思うと居ても立ってもいられない。
俺の作戦通りに事は運んでいるはずだけど、もう黙って座ってられないほどに動揺していた。

「…いいっすか?」
「ん……」
「どうやったら、いいですか?」
「うん…少し、パンツ下ろしてもらおう、かな…」

その数秒後、嫁の「わぁ…」と言う声がした後静かになった。この間、多分五分くらい。二人とも何も喋らずに無言のまま。
俺は、裸でだらしなく両足を放り出した後輩の間に座って、嫁がゆっくりと手を上下させている光景を妄想した。
でも椅子が軋む音が微かに聞こえると、今度はソファーに座る後輩の横にピッタリと身体を寄せて、右手を激しく上下させる光景を妄想した。
この頃、俺は完全に勃起していたと思う。

902 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:45:58.08 ID:m88QfSHzi [8/34]
「れいこさん、有難う、でも……」
「ん?どした?気持ち良くないの?」
「メチャクチャ気持ちいいっす。でもそうじゃなくて、俺、多分出ないっすよ」
「なんで?」
「結構モチがいいんで、俺の……もっと刺激がないと……」
「…………」

嫁は大きく一回溜息をついた。そして、「目瞑って。絶対開けちゃダメよ」と言った……
「あっ……」と声を出したのは後輩の方だった。「凄えっ…」とも言っていた。
決定的なのは、ジュルッジュルッと湿り気のある音が聞こえてしまった事。

嫁はフェラが上手い。元々セックス全般的に上手いのだが。聞いた事は無いけど、間違いなく歴代の男達に仕込まれてるからだと思う。男のツボをよく知っている。
後輩はしきりに「凄過ぎ」「やべぇ」「まじいい~」と言っていたのは多分お世辞ではないだろう。
後輩が無言になり、ジュッジュッというリズム感のある音の感覚が早まってきた。
あぁ、ひょっとしてこのまま口の中で射精するんだろうか…と同時に、自分が嫁に口内射精した事を思い出していると、股間がまた熱くなっていった。

903 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:47:11.26 ID:m88QfSHzi [9/34]
「れいこさん、凄い気持ちいいんですけど……出ちゃいますよ?」
「そう?……」

後輩のその言葉を聞いて益々動きが早まったようだった。嫁は本気で口で受け止める気だと思った。

「でもやっぱおかしいですよ、俺だけ気持ちよくなるのって。本当はれいこさんに気持ちよくなってもらわなきゃダメなのに」
「……え?……」

結構はっきりと訴える後輩。キョどる嫁。

「旦那さんに報告できませんよ、フェラしてもらって出して終わりです、なんて」
「……した事にすればいいでしょ?」
「そんなの無理ですよ。でも俺の咥えててれいこさんもしたくなりませんか?」
「…ならないよ」
「嘘でしょ」

904 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:48:06.56 ID:m88QfSHzi [10/34]
その後、二人は「わー(笑)」だの「キャーやめて~(笑)」だの言いながらじゃれ合っていた。まんま、恋人同士じゃねえか!と、俺、少しイラついた。
で、また嫁の甘い声。「あん…いやん……ダメだって……」
「ほら、やっぱり。れいこさんだって興奮してんじゃん」
「………………」

多分、あそこ触られたと思う。あそこが濡れているかどうかを確認したんだと思う。
俺の心臓は爆発寸前、やっぱやられるんだよな、電話で喘いでいたもんな、みたいな感じでまた頭が倒錯状態になっていた。

ここから後輩が一気に落としに掛かった。

905 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:49:04.39 ID:m88QfSHzi [11/34]
「嫌がったら何もしない、ってのが旦那さんとの約束ですから……でも俺ってダメですか?生理的に受け付けないですか?」
「……そんな事、無いけどさ…」
「絶対に後悔させませんから。俺、面倒くさい男じゃないですし」

暫く嫁は控え目に笑ったりして誤魔化そうとしてたけど、後輩の本気度合いが伝わったのか、観念したように真剣に答えていた。「旦那を裏切りたくないから…」と。
俺これ聞いて本当に嬉しかった。同時に少しだけ後悔もした、こんな事をさせてる事に対して。
俺なんかEDで使い物にならない男なのに、ってね……

でも後輩は間髪いれずに反論していたよ。
「公認だから裏切りとは違うでしょ。寧ろ何も無かった方が旦那を裏切る事になるんじゃない?」
「え?…………」

906 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:49:49.03 ID:m88QfSHzi [12/34]
もうこの段階だと嫁もふざける事もしないで、かなりマジ声で二人とも会話していた。俺的には、嫁にエールを送っている自分がいたり、一方で後輩を応援していたり、矛盾だらけの状態だった。
そして後輩が勝負に出た。

「無理強いは旦那さんに怒られるけど、これで最後です。俺に思い出ください。メッチャタイプなんです。嫌なら断ってもらってもいいです。俺、帰りますから」

嫁、一呼吸置いて大きく溜息をついた。
「……思い出か………痛いところ突いてくるね、きみも」

思い出、という言葉でれいこがおちた。この言葉にれいこは思い入れがあるのかもしれない。長年の付き合いの俺ですら分からないけど。

908 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:52:28.47 ID:m88QfSHzi [13/34]
無言の二人、でも良く耳を澄ませば次第に大きくなるフェラの摩擦音。

さっきよりも派手な音を立てて後輩のチ○コを吸い上げるれいこ。時折、「んふっ……んんん……」という感じで切なげに喘ぐ声も聞こえた。
れいこが本気になったのかもしれない。自分も感じる為のフェラに移行したと思った。

「れいこさん、凄い……あ、マジ凄い…れいこさんも、気持ち良いんですか?…エロい声、出てますって………」
「ふぅ……顎疲れる~」
「え?、あ…すいません……」
「本当反則だよ、きみのこれ」

二人とも無言で、微かに服が擦れる音、そしてれいこが言った。

「じゃあさ、思い出作ろっか…後輩君はここ座ってて。絶対動かないでよ」
「…………」
「ちょっとあんま見ないでね。電気消すよ」

909 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:54:09.47 ID:m88QfSHzi [14/34]
パタパタやら椅子の軋む音やらが聞こえた後、「暗くてあまり見えないすよ」と後輩の不満声。
「それが目的なんだから。これ付けて」
「え…あぁ……ゴムっすか?」

れいこが後輩にコンドームを渡した。この事実は事実として結構心に刺さるものがあったけど、寧ろあっさりとコンドームを見つけて手渡すところに驚いた。
俺達はレスが長く、ゴムなんかタンスの奥にでもしまいこんでいたはず。今、俺が探そうたしても多分五分以上はかかる。
なのにれいこはものの数十秒でそれを後輩に渡したと、いう事は、恐らく事前に準備しておいたに違いない。
やる気満々だったという事か

910 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:55:01.29 ID:m88QfSHzi [15/34]
「いつでもOKっす」
「……動かないで……」
「あ、マジっすか……あぁ」
「……は……くっ……んんん……」
「ああ~、凄ぇ……」
「やん…ち、ちょっと……大き過ぎ……」
「締まる~あ、凄え締まる~」
「あ……んっ……」

椅子に座る後輩に跨がるようにようにしてセックスしている姿が容易に目に浮かんだ。断続的なきしみ音が聞こえ始めるが、後輩の声ばかりでれいこは一切喋らない。
一向椅子の軋む音と後輩の声を聞かされた後、結構呆気なく終わりが訪れた。

911 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:55:46.03 ID:m88QfSHzi [16/34]
「れいこさん、あぁっ、出るっ!出るっ!」

ガタガタと一層音が大きくなった後、二人の激しい息遣い。
次第に落ち着くとどちらともなく笑い合う二人。

「あ、あはは」
「うふふふ……ねぇ、本当に見えてなかった?」
「ばっちり見えてましたよ」
「やだぁ(笑)なんで言ってくれないの?」
「いやいや、言えないでしょ(笑)。ってか、れいこさん、下半身だけ裸って、超エロいんだけど」
「やだぁもう……」

「ねぇ……れいこさん、キスしたい……」
「え……ん~、キス、か……ごめんね、やっぱりそれはちょっと…」
「だったら上も脱いでよ。全部見たい」
「……んん~、どっしよっかなぁ」

912 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:57:06.47 ID:m88QfSHzi [17/34]
恋人同士のようにじゃれ合う二人だけど、れいこが唇を許さなかった事は本当に嬉しかった。フェラしといてアレだけど。後輩に対して勝ち誇った気分になる馬鹿な俺。
ついでに服も脱ぐな!と心の中で叫んだけどこれは叶わなかった……

「うわぁ、でけっ……」
「もう!見るな!(笑)」
「触ってもいいですか?」
「ダメダメ!絶対ダメ!」
「でも先っぽ凄い立ってますよ?感じてんでしょ?」
「感じてない感じてない!」
「一回だけだから」
「……………」
「じゃあ、OKという事で」

次の瞬間、れいこの大きな声が部屋に響き渡る。

914 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:58:29.07 ID:m88QfSHzi [18/34]
次の瞬間、れいこの大きな声が部屋に響き渡る。

「ああああっ!だ、ダメ!……いやぁぁ……」
「…………」

多分胸への愛撫が続いていたと思う。一向喘ぐれいこ。確かに弱点ではあるのだが。

「あっ!…ひっ!……い…くぅぅ」
「…ん?…え?」
「ハァハァハァ……」
「え?マジで?…れいこさん、いったの?」
「もぅ…だから、やだって……」
「いや、つうか、俺全然動いてないんですけど…」
「ばか……もう……」

915 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 16:59:17.42 ID:m88QfSHzi [19/34]
れいこは恥ずかしい、と何度も半泣き笑いになりながら訴えていた。俺の妄想だが、後輩が嫁の胸を咥えてるだけでいってしまったような気がする。膣はチンコで埋まったまま。
ピストンさせずにいくなんて事があるのか?

「えっと…よいしょっ…ん?」
「…………」
「れいこさん、横から漏れちゃうかもよ?いいの?」
「…もうちょっと…このまま…」

チュッパ、チュッパと、多分乳首を吸う音。
「ぃやん…だからダメだって(笑)」
胸への愛撫を拒否するれいこだけど、本気では無かった。笑いながらだもんね…恋人同士みたいだったよ。
暫くすると大きく椅子の軋む音と後輩の溜息。

916 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:00:00.83 ID:m88QfSHzi [20/34]
「ああ~凄い量でたわ~」
「本当、凄いね(笑)」
「れいこさん…お掃除、してくれる?」
「は?調子のんな!(笑)」

和気藹々の二人。この後お掃除したのかどうかは音だけでは分からなかった。
多分していない。と、思いたい……
俺的にはエッチな行為よりも、恋人同士みたいな振る舞いの方が胸にくるものがある。
この後暫く二人のイチャツキが続く。
そして、二回目へと突入していく…

919 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:00:58.94 ID:m88QfSHzi [21/34]
もうお終い、と言いながらもやはり本気ではないれいこ。それを見越した後輩はやや強引にれいこを説き伏せていく。

「後輩君、もう思い出出来たでしょ?それともお猿さんかい?ん?」
「猿になった思い出が欲しいウッキッキ!」

何がウッキッキだ、このボケ茄子!と思ったが、今更仕方がない…

920 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:02:42.16 ID:m88QfSHzi [22/34]
「れいこさんみたいな人目の前にして一回で終わりなんて無理でしょ。辛い思い出になっちゃうよ。しかも俺、自分で動いてないし」
「動かなくていいから(笑)」
「いや、とにかく分かってますよね?意地悪ですか?」
「うん、意地悪してるの(笑)」
「ひでぇ、この人!」
「あははは……だってもうゴム無いし」
「えぇ?マジっすか?」
「マジっす」
「本当に本当にマジで?」
「うん…」
「じゃあなんで一個だけ持ってたの?普通一個じゃ売ってないでしょ」
「え?…そうなん?…」
「ほら、やっぱり。あるんでしょ?」
「……ったく、うるさいなぁ(笑)」

921 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:03:32.11 ID:m88QfSHzi [23/34]
どがどがと歩く音。

「ほら、もう!」
「うわっ!…これ、一箱全部いっちゃいますか?」
「馬鹿じゃないの!(笑)」
「いや、俺は結構真剣なんですけど」
「……壊れちゃうよ…」
「は?」
「………好きにしなよ」

その直後、ガタッという音とれいこの軽い悲鳴。

「あ…ち、ちょっと……」
「れいこさん!マジっすから」
「わ、分かったから……落ち着いて…あっ!あぁぁぁぁ……」

922 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:04:26.04 ID:m88QfSHzi [24/34]
嫁の抑え気味の喘ぎ声と家具のズレる音が暫く続く。後輩が主導権握ってれいこを攻めているに違いない。
その内、ズポッ、ズポッという、フェラの吸引する音がし始めた。
今度はどんな態勢でしているのか…後輩が仰向けになっているのか?それとも寝ているれいこの口にねじ込んでいるのか?まさか69?
情報が音だけだと、妄想で頭がおかしくなりそうになる。

「あぁ、もう………入れます、ね?」
「うん……」

凄く甘々なれいこの返事だった。女が男に支配されている時の声だと思った。

923 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:05:02.20 ID:m88QfSHzi [25/34]
「あ、凄ぇ……やっぱ超キツイ……」
「は……あっ……いや…い、いや……」

ギシギシと微かに軋みはじめる音。後輩主導で始まったピストン運動。

「結構、動きづらいかも」
「その方が…いい……」
「なんで?」
「やだ……あんまり、自由に動かれると……自信ないかも…」
「え?自信って?」
「んん、何でもない……あっ!そこっ……」

床の上で後輩に組み敷かれるれいこを妄想。
ピストンは結構ゆっくりで、口で言うほどガッついていない様子の後輩。でも、何故か急速に高まっていくれいこ。俺ならいつもガン突きで最後イかせるんだけど

924 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:05:40.92 ID:m88QfSHzi [26/34]
「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」
「いきそうですかっ!?」
「何、これ……もう…あっ!あっ!あぁぁっ!あぁぁぁぁっ!」
「…………」
「はぅ!……くっ!……」

静かになると同時に囁くような後輩の声。
「いっちゃいましたね?……凄く可愛かったよ、れいこのイキ顔」

呼び捨てにしやがった。人の妻を。でもこの後のれいこの返事で所謂鬱勃起。

「ばか…………でも……凄い…かも」

925 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:06:20.29 ID:m88QfSHzi [27/34]
なんだよ、それ……お前、ガンガン突かないといかないだろ、いつもは。内心ムカついていたが、妙な嫉妬で妙に興奮していたと思う。

「良かった。何が凄いの?」
「なんか、大きいよね…」
「うん、知ってる(笑)。れいこは大きいのが好きなの?」
「…………知らないよ…そんな事……」

俺の想像だが、後輩のはそんなに大きくはないはず。大浴場で見た事がる。
要は俺よりでかいって事。
まぁ、俺はそんなに大きくないからね……仕方ないけど。大抵なら俺より皆でかいんじゃないかと思ってる。

れいこが大きく溜息ついた後、再び椅子のガタつく音がし始めた。今度は結構激しい。

926 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:07:00.62 ID:m88QfSHzi [28/34]
「あっ!だ、ダメダメ!…まだ、だ、め……」
「俺、まだいってないし……」
「あああああ!あああああ!あぁぁ!……凄いっ!……」

犬が泣くような、時々引きつけるような声を上げて喘ぐれいこ。

「あぁん!やだっ!……また、いくっ……いくっ」
「俺も、いきそう……」
「いって!お願い……いって!…私、もう……」

むちゃくちゃ激しいピストンの音がした後、微かに唸る後輩の声で静かになった。そして半泣きのれいこの溜息混じりの声。
二人同時に盛大にいきやがった…

927 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:07:45.80 ID:m88QfSHzi [29/34]
ここから二人、まったりモードを繰り返し、そして三度目に突入。この間、後輩はずっとれいこの事呼び捨てにしてたし、それを咎めようともしないれいこだった。

三回目は特に駆け引きとかもなく、すんなり。「もっとしたい」「ん、分かった。いいよ」みたいな。なんなんだよ……
で、ついにやっちゃうんだよ、この二人、あれをさ……

れいことは過去一晩五回が最高記録なんだけど、最初の一回目より二回目、三回目と、数をこなせばこなす程感じるようになる。
すればする程射精の量も勃起力も減ってくる俺とは逆。
だからこの時も三回目は最初からずっと喘ぎっぱなしだった。
すぐにれいこはいっていたけど、後輩は全く休む事なく一向腰を振り続けていた。
休む暇を与えられないれいこは、殆ど声にならない声を絞り出すようにしていた。聴き方によっては苦しんでいるようも聞こえる。

928 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:08:33.27 ID:m88QfSHzi [30/34]
さっきまでとは違って、後輩はずっと黙ったまま一向ピストン運動していた。
多分10分以上は連続で腰を振っていたと思う。れいこがいよいよ何度目かの絶頂に達しようとした時。
チュッ!という感じのキスをしているような音がした。
れいこは「ん、んんん……!」と、それまでとは明らかに違う反応。

「あ、ハァハァ、もう…ダメだって……ハァハァ」

ジュッ!ジュバッ!

下品な程に舌を貪り合う音。間違いなく、二人はディープキスしていた。
目の前真っ暗だったよ……これは効いた。
一度唇を許すと、もう二人は獣みたいに唾液を交換しまくってた。椅子の軋む音も半端じゃくて、間違いなく隣近所の部屋に聞こえる位。

929 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:09:17.05 ID:m88QfSHzi [31/34]
「壊れるっ!壊れちゃう!」
「うぁぁ、れいこっ!いくっ!出る!」
「あああああっ!イクッ!イクッ!イクイクイクっ!」

たぶん二人同時に果てていた。
俺、完全勃起。で、ちょっと触っただけで射精しちゃったよ……ドピュッなんて可愛いもんじゃなく、本当にバリッと音が出そうな程、勢いよく相当な量が出た。恐らく新記録。

異常な興奮と同時に鬱になったり、反面れいこを今すぐ抱きたいと思ったり、はたまた自分のチンコの小ささや弱さを嘆いたり……色んな感情が一気に噴き出す中で、床とズボンに掛かった精子を吹きながら事後の二人の会話を聞いていた。

「ごめん……キス我慢できんかった(笑)」
「もう~、絶対ダメって言ったのに(笑)」

なんだこれ、と。全然キスした事を後悔していないようなあっさりとしたれいこのコメント。ちょっとムカついた。
れいこはこんな事も言っていた。

930 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:09:50.98 ID:m88QfSHzi [32/34]
「でも少し不思議、なんでこんなに明るく出来るんだろうって」
「もっと背徳感とか暗い気分になると思ったのに……君のキャラのお陰かな」

会話の合間に「あっ、すげ…」とか「あぁ、やべ、また立っちゃうかも…」みたいな事を言う後輩。俺はこれが何を意味するのか想像したくなかった。

931 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:10:23.73 ID:m88QfSHzi [33/34]
後輩が帰る用意をしている時に、「なんか、あの人にどんな顔して会えばいいんだろう…」と、ちょっと深刻に呟くれいこの声。
後輩は笑いながらの答えていた。
「俺がちゃんと言いますから、最高でしたよって」
「いやだ、もう……」
「いやいや、旦那さんからしたら自分の嫁が最高だって褒められたら絶対嬉しいですって」

932 名前:ED631 ◆H0YjBfvV5M [sage] 投稿日:2012/01/28(土) 17:11:39.46 ID:m88QfSHzi [34/34]
まあこんな感じ。
後の事は前述した通りです。俺はEDから立ち直り、今回の事を思い出してはれいこに襲いかかる日々です。
カミングアウトしたけど、俺のって少し小さいんだよね。
立たない、小さい、と、女から見たらどうしょうもない男なんだよ。今回せめて勃起だけはするようになったんで、取り敢えずテクニックをもっと身につけてれいこを喜ばさなきゃな、とは痛烈に感じています。
後輩曰く、「男の役目は女イカせてなんぼでしょ」だそうですから……

適度に支援いれてくれたおかげで完走できました。ありがとう。

ED治すために嫁を寝取らせたらハマったpart2へ続く